債務整理とはどんな手続きか

債務整理とはどんな手続きか

債務整理は借金の返済に困っている方を助ける手続きです。

 

債務整理せずにきちんと返済しようと無理してしまうと精神的にも大変辛いです。

 

貸金業者によっては厳しく取り立てる場合もあります。

 

しかし債務整理を弁護士に依頼されると、すぐに取り立てをストップしてくれるので精神的にかなり楽になります。

 

今までより毎月の返済額も楽になり、生活や暮らしに余裕が出てきます。

 

自己破産の手続きなら一定以上の財産を失う代わりに、すべての借金が0になり新しい気持ちで新生活をスタートすることが可能です。
個人再生の手続きなら大幅に借金が減額されるうえに、マイホームに住みながら減額された借金の分割返済を行うことが可能です。

 

任意整理の手続きなら将来利息がカットされ、3年くらいの期間で分割返済できるように債権者と和解することが可能です。

 

それぞれの手続きでメリット・デメリットがありますし、債務者の借金総額や年収の有無などによって適切な手続きが変わります。

 

ご自身で手続きするには難しいものがありますので、借金問題の専門家である弁護士にご依頼されたほうが安心です。

 

弁護士に報酬をお支払することが必要ですが、弁護士費用の分割払いに応じてくれることが多いです。